ストーリー解析・感想 Charlotte第3話「恋と炎」

Charlotte第3話「恋と炎」の感想とストーリ解析を行う。ネタバレ注意。

拙い文章ですが、とりあえず分析してみます。

■作品情報

原作・脚本:麻枝准(Key/ビジュアルアーツ)

キャラクター原案:Na-Ga(Key/ビジュアルアーツ)

監督:浅井義之

キャラクターデザイン:関口可奈味

アニメーション制作:P.A.WORKS

■登場人物

乙坂 有宇(おとさか ゆう)- 内山昂輝

友利 奈緒(ともり なお) – 佐倉綾音

高城 丈士朗(たかじょう じょうしろう) – 水島大宙

西森 柚咲(にしもり ゆさ) – 内田真礼

西森 美砂(にしもり みさ) – 内田真礼

ショウ – 逢坂良太

コータ – 細谷佳正

乙坂 歩末(おとさか ゆみ) – 麻倉もも

熊耳(くまがみ)  – 竹本英史

■ストーリー概要・感想

星の海学園で学園生活を送りつつ、「能力者」を探す乙坂有宇たち。彼らに現れた次の能力者は2つの能力ーー『口寄せ』と『発火』を持ち合わせていると熊耳からの情報があった。そしてなんとその能力者の名前はあの有名なハロハロ(How-Low-Hello)のボーカルを務める西森。彼女はテレビの大物プロデューサーの悪事を知ってしまい、追われている途中だった。

今回は説明的だった前回と比べてアクションシーンがメインとなっていて(高城丈士朗も含めて(笑))全体的に引き締まった印象だ。ストーリーラインもわかりやすく、主軸が捉えやすい印象だった。また、1・2話におけるハロハロのフラグ回収、そして生徒会の能力の活躍など、見どころが多く主人公たちの躍動的な一面を見られただろう。

Vss-2015-07-20-16h07m56s711

美味しく焼けたマシュマロ。美砂はこれを見て炎と止めたので案外美砂もマシュマロ好きなのかもしれない。いや、マシュマロが好きな妹の柚咲の事が好きなのかもしれないが・・・

■ドライバー分析

今回のメインドライバーは

・「能力者」である西森柚咲の追跡(E-G)

・西森柚咲と協力し、テレビのプロデューサーを脅す(E-G)

・西森柚咲は星の海学園で過ごすことになった(P)

の3つ

また、サブドライバーは

・またもオムライス弁当をもらう乙坂有宇だが、高城丈士朗の誘いにより牛たんカレーを食べることになる。が、案の定血だらけになってしまう高城(F-F?-L)

・ショウが美砂に告白し、美砂がそれを受け止め、なだめる(L-L)

等がある。

美砂柚咲の過去についてはさらっと流されていて詳しくは語られていないが美砂の方にはいろいろ過去にあったようで二人の仲間との強い絆が見て取れる。

vlcsnap-2015-07-19-20h50m29s640

二人の仲間との別れを告げる美砂。「柚咲の為にも」と言っているあたり、妹思いのいい姉さんらしい。

■残された伏線

①テレビのプロデューサー達の反撃はあるのだろうか

今後話の中核に関わってくるかもしれない

また、前回から引き続き

②友利一希を実験した科学者たちとは?

③一希の入院している病院は何?入院させてくれて唯一信頼できる人とは誰?

④歩未の言う長期彗星はなにか関係がある?

⑤乙坂兄弟の父親の存在はどうなっている?

がある

■おまけ

今日のハイライトは新(真)ヒロインの西森柚咲(本名:黒羽柚咲)です。天使です。歩未ちんより可愛くないですかね!?

vlcsnap-2015-07-19-10h02m59s185

[柚咲:はじめまして、乙坂さん] [有宇:乙坂お兄ちゃんて呼んでもらってもいいかな?]

Vss-2015-07-20-18h20m38s688

[美砂:は、ふざけんなこの変態め!]

Vss-2015-07-20-18h21m31s098

[ありがとうございます!(満面の笑み)]

■ストーリー詳細

L 今日もお弁当を渡してくれる歩未。嬉しいに違いはないのだが、有宇にとってはいらないやさしさだ(そのお弁当、私にください)

|

F これからお弁当はいらないという有宇。

|

L 慰めてくれる高城。牛たんカレーが美味しい。

|

E また協力者が現れたらしい

|

P 次の能力者は口寄せ(降霊術)と発火の2つの能力があるらしい。生徒会の人達によるとかなり珍しいケースらしい。

|

P 探索を進めると能力者とはハロハロのボーカルである西森柚咲だとわかった。

|

G 探索をすすめ、ついに西森柚咲が匿われている場所にたどり着く3人

|

L ハロハロの西森柚咲にあえてメロメロな高城丈士朗。まさに願ったり叶ったりか

|

P 彼女と友利奈緒とのやりとりにより西森柚咲には亡くなっている西森美砂を憑依させる能力があり、美砂には発火の能力があるということがわかった。

|

E 更に、TV局の大物プロデューサーの悪事を知ってしまったことで追われている身であることを明かす美砂。奈緒は美砂と組み、小芝居を演じるようだ

|

G 夜中にふ頭?にプロデューサーを呼び出す柚咲。美砂が憑依し、生徒会メンバーの超能力を駆使することであたかも柚咲がやったかのように仲間を次々に倒す。

|

F 事件は解決したが、柚咲は今後の安全を考えて星の海学園で暮らすことになり、二人は美砂と別れをすることに。

|

L ショウは最後の別れとともに思いの丈を美砂に伝える。美砂はこれを受け取り、彼らのかけがえのない絆へと昇華された。

|

続く

←第2話 第4話→

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA