メモ:USB経由でiPhoneにSSH接続と便利なSSHコマンド

ここに書いてあったことのメモメモ。忘れそうなのでーー

AFC2は使いたくないので・・・

皆さんiPhoneにファイル編集とかで接続するときはどうやって接続しますか?多くの人はApple File Condict “2”などを入れてiFunBoxで覗き見るのが一般的なようです。が、それはセキュリティ的にちょっと怖い。パスワード無しにUSB越しでRootまでアクセスできちゃうのってどうなんでしょう?というわけでSSHの鍵認証を導入しているんですが、Wifi経由だと大容量のファイル輸送に時間がかかります。

なので、USBで接続できないものかと探してたらできるらしい。

導入はすごく簡単ですが、まあそのへんは上のリンクから調べておいてね

接続方法

まず、Mac側でターミナルを開き、python-clientフォルダへcdで移動。その後

./tcreplay.py -t 22:2222

22のほうがiPhone側のポート。SSH接続で用いるポートは22なので22を指定。Filzaとかで11111で開いたならそれで指定してね

2222のほうがMac側のポート。特に指定はなし。好きな数字にする。

次にもう一つターミナル開いて

ssh root@localhost -i 秘密鍵の場所 -p 2222

できました。ディレクトリの読み込みも早くて外出中でも使えるのが強みですね。

接続2:ファイルのやりとりするときとか

これはCyberDuckとか使えば良い話なんですけど、一応

sftp root@localhost -i 秘密鍵の場所 -p 2222

これでできます。簡単ですよね。sshとは違ってget/putコマンドが使えるよ

ssh接続中に使える便利なコマンド

ls/cd/cat/mkdirとか

普通にターミナルコマンド。便利。

put/get (sftp接続中)

ファイルを送受信するコマンド。

killall -HgUP SpringBoard

リスプリング。すごくすっごく便利。

killall -SEGV SpringBoard


セーフモードへ。iPhoneがフリーズした時とかに

reboot/halt

再起動/電源OFF

スリープボタンが死んでる人とかはコレでどうぞ?

ということで便利なメモということでよろしく。ではでは==>

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA